老けてみられる

老けて見られる原因って何?

最近老けてきたと思ったら何に注目したら良いのでしょうか。老化の最大となる原因は紫外線だといわれています。紫外線が細胞にダメージを与えたり、乾燥を作ってシミ・しわ・たるみなど老けて見られる原因を作ってしまいます。紫外線を全く浴びないためにUVケアをするのはもちろんですが、それと同時にやらなければならないのが乾燥対策です。肌がふっくらと潤っているだけで年齢を感じさせない肌になることができるのです。
ではなぜ肌が乾燥すると老けて見られるのでしょうか。乾燥は肌のツヤを失い、新陳代謝が落ちて肌の再生力が衰えます。古くなった角質が溜まってくすんだり、シミが排泄されにくくなる、乾燥によるしわもできます。また、年齢と共に乾燥がひどくなる原因は、加齢によって保湿のもととなるセラミドが減少するためでもあります。つまり老けてみられる肌対策はセラミドを補うか、またはそれに匹敵する天然の保湿成分で肌をケアする必要があるわけです。

 

<ライスフォースの詳細はこちら>

意外なことで年齢肌は防げる

年齢肌が気になり始めたら、高級なクリームを買う前に是非やってみたいことがあります。それは水をちゃんと飲むこと。人の体は60%〜70%と多くが水を占めており、私達が毎日飲む水がどれほど重要なのかがわかるでしょう。加齢によって水分を失いやすく、紫外線によって肌にダメージも蓄積していくのに、毎日飲む水分自体が少なければ肌は保水力を保つことができません。すごく簡単なことですが、肌がキレイな人は実は水をたくさん飲むという人も多いのです。
次にできる対策といえば保湿向けのスキンケアですが、それ以外にも紫外線を防ぐケアも加えると良いでしょう。例えば植物オイルにはもともと紫外線を防ぐ効果が高いものが多く、古来から肌に付けて強い紫外線を防いできた地域も見られています。ホホバオイル、オリーブオイルなどはその効果が高くなっています。いつもの保湿ケアに加えてUVカットを目指し少量のみ肌に塗ると良いでしょう。市販の紫外線止めクリームよりも肌に優しく、同時に保湿も叶えてくれる優れものです。

 

<ライスフォースの公式サイトはこちら>