若くみられるようになった

保水力があると若く見られるようになった

女性は誰だって若く見られたいですよね。周りの人たちのなかで若く見える人を比べてみたら、みんな保湿にこだわってスキンケアをしていることに気が付きました。化粧品のCMなどで見かける若く見える人も、実は肌が潤ってみずみずしいから何歳も下に見られるみたいなんです。ベービーフェイスと呼ばれる人はみんなキメが整って、肌がふっくらし、常に水のベールがかかっているように潤っているのがわかります。
私もライスフォースを使って保湿を重点的にするようになってからは、肌がキレイと言われたり若く見えると言われるようになりました。人は乾燥してパサパサしているものは古く、しっとりとしているものは新しいという認識を自然と持っているようです。肌が潤うと自然と素肌にも自信がでてきて、薄化粧でも大丈夫になってくるから不思議です。年齢が上に見られる人って厚化粧でファンデーションが濃く、しわにメイクが入り込んで余計に目立っている印象がありますね。パウダーをリキッドに変えると若く見えるように、肌の保水力は見た目年齢にすごく影響しているようです。

 

<ライスフォースの詳細はこちら>

ライスフォースは2ステップだから楽

肌に潤い力があると若く見られるとわかっていても、現代人女性は忙しくいくつものアイテムを使い続けるのは難しい人も多いでしょう。ライスフォースなら乾燥がひどくなければ2ステップでも済ませられるため毎日続けられますし、私も7年以上も継続しているから肌の年齢を感じにくくなりました。どんなに良いスキンケアでも続けられなければ意味が無いと思います。
ライスフォースの一番シンプルなケアでは、洗顔後に保水力の高いローションを塗り、最後にクリームで仕上げるだけです。もちろん肌によっては美容液をプラスしたり、ホワイトニングケアを加えたりもできますが、あまりトラブルが無いなら2ステップでもOKの作りです。私の場合は以前に拭き取り化粧水、保湿化粧水、美容液、乳液、クリームと5品を使い分けていた時代もあったのですが、何よりも時間がかかりすぎて続きませんでした。ライスフォースなら化粧水1本でも何品もの潤い力があると感じられるので、2ステップでも同じような効果があります。その結果7年も続いたのでしょうね。

 

<ライスフォースの公式サイトはこちら>