肌荒れ・吹き出物

肌荒れが起きているときの肌

肌荒れが起きているとき肌の内部はどのような状態になっているのでしょうか。肌荒れと一言でいってもタイプによって原因は多少異なりますが、共通していえるのが肌の油分と水分のバランスが乱れている点です。どちらが不足しても肌は荒れやすくなり、水分が足りなければ肌のキメが荒れてごわごわした感じになりますし、油分が少なければ水分が蒸発しやすくなって更なる悪循環を生みます。どちらも肌にとっては重要なため正しいスキンケアを心かけてケアするようにしましょう。
例えばニキビ吹きや出物ができた場合は両方のバランスが悪く、保水力が足りないケースも多くみられています。その原因は様々でストレスやホルモンの影響、外的要因などが考えられますが、それらによって余分な皮脂を分泌しやすく、逆に水分が不足することでぶつぶつができやすくなります。また、毛穴の開きも一見皮脂分泌過剰という感じがしますが、実は水分が足りなく肌が潤いを保とうとして余計に皮脂を分泌させています。くすみやカサつきも同様に水分が不足して肌のバリア機能を失い、健康な肌が再生しにくくなっています。

 

<ライスフォースの詳細はこちら>

吹き出物の原因とケア

吹き出物の原因は大きく分けて2つあります。1つは余分な皮脂、2つ目は角質が厚くなってしまったからです。皮脂が多くなれば吹き出物の原因となるアクネ菌が増殖しやすくなり、角質が増えると肌の代謝が悪くなって毛穴が詰まったりします。実はこれらの原因には共通したものが見られており、それを解消しなければどんなに良いスキンケアを使っても解消しにくいのです。その原因についてお話しますから是非参考にしてみて下さい。
吹き出物の直接の原因は皮脂や角質ですが、元々は間違ったケアによって肌のコントロールを失っているのです。肌が油っこいからといってゴシゴシ洗っていたり、角質を除去するために何度もピーリングしている方も多いでしょう。これではどんどん水分を失う原因となり、余計に皮脂が分泌して角質も溜まりやすくなります。肌が油っこい=肌が潤っているわけではなく、肌が乾燥しているからこそ皮脂が多くなったり角質が蓄積してしまうのです。皮脂肌も乾燥肌も共通していえるのは肌の保湿をしっかりやることです。

 

<ライスフォースの公式サイトはこちら>