ニキビが減った

ライスフォースでニキビが減った

以前の私の肌はオイリー肌だと感じることがありました。肌に油分が多いからサッパリした化粧水などを付けても治らず、ある時にニキビ肌にも保湿が大切ということを聞いて化粧品全般を変えたことがありました。保湿力の高いライスフォースにすべて買い替えてみたら意外にもニキビが減ったり、肌の脂っこさがなくなってきたのには驚きました。そのときに感じたのが自分はオイリー肌だからサッパリしたスキンケアばかり使ってはいけないということでした。実は肌は乾燥していたようで、保湿することで余分な皮脂が分泌しにくくなり、油分が減ってきたようです。意外と間違ってスキンケアしている人も多いようで、どんな肌にも保湿力は重要なんだと実感しました。
オイリー肌やニキビがある人が油分を多く補うと悪化しますが、水分ならその逆の効果が得られるのが不思議です。皮膚科の先生に聞いてみたところ、乾燥によるニキビもあるのだとか。肌によって油分は調整したほうが良いようで、水分は誰でもたっぷりと付けるのがスキンケアの基本となると実感したのでした。

 

<ライスフォースの詳細はこちら>

特に大人ニキビは乾燥が原因に

思春期にできるニキビはホルモンバランスが変わることで過剰な皮脂が増えそれが原因となりますが、大人ニキビの場合では乾燥により皮脂が多くなってできることが多いようです。若い頃と大人ニキビではケアの仕方が異なるため、若い頃にニキビができやすいからサッパリタイプの化粧水を使っていて、それをそのまま大人になるまで続けていると治りにくくなってしまいます。また、大人ニキビは乾燥以外にも複数の要因が絡み合っているため、保湿を第一に考えそのほかに睡眠・栄養・ストレスなど総合的に解消してみることをおすすめします。
現代人の女性が多く抱えている原因はストレスでしょう。これだけでホルモンバランスを乱し、人によっては男性ホルモンが過剰になってヒゲが生えたり、すね毛が濃くなったりする人もいます。ストレスを解消するといってもなかなか直ぐにはできませんから、やれることといったら保湿ではないでしょうか。また、大人の肌は過剰なクレンジングと洗顔によって肌が乾燥しやすくなったり、ターンオーバーが乱れてニキビ肌になっていることもあります。保湿力の高い洗顔を心がけてみましょう。

 

<ライスフォースの公式サイトはこちら>